ブログ・記事

catch-img

AIによる動体検知とは? 活用シーンを紹介

私たちが日々利用するスーパーマーケットやコンビニエンスストア、駅の改札やホームには数々のネットワークカメラが設置されております。その多くが監視・防犯を目的としており、ネットワークカメラは防犯システムとして定着しています。

ネットワークカメラには様々な機能があります。なかでも注目したい機能が、AIによる動体検知です。ネットワークカメラにAIによる動体検知を搭載すれば、人の目で行っていた確認作業の自動化が可能です。煩雑な業務をAIが代替することで、省力化や業務効率化につながります。

この記事では、AIによる動体検知とはどのような機能なのかを紹介します。また、活用シーンについても紹介しますので、AIによる動体検知について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。


目次[非表示]

  1. 1.AIによる動体検知とは?
  2. 2.AIによる動体検知の活用シーン
    1. 2.1.人の密集を動体検知し対処をする
    2. 2.2.無人倉庫を監視する
    3. 2.3.情報漏洩を防止する
    4. 2.4.商業施設、介護・保育施設のモニタリング
  3. 3.まとめ


AIによる動体検知とは?

AIによる動体検知とは、ネットワークカメラに録画された映像・画像をから、AIが動くものを検知する機能のことです。

例えば、冒頭例に挙げたようなコンビニエンスストアでは、24時間監視が必要なため、ネットワークカメラの録画データが膨大になります。録画データを見返すとき、人の目で確認していたために時間と労力がかかるという課題がありました。

この課題を手段として、AIによる動体検知をネットワークカメラに搭載し、人が行っていた確認作業を自動化・省力化するという取り組みが始まっています。​​​​​​​


AIによる動体検知の活用シーン

AIによって人が行っていた作業を自動化できる動体検知ですが、どのようなシーンでの活用ができるのでしょうか。

ここからは、動体検知の活用シーンを紹介します。


人の密集を動体検知し対処をする

人を検知する動体検知によって、どの程度人が集まっているか混雑状況を可視化することができます。

2021年3月現在、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、人の密集を避ける取り組みが欠かせません。AIによる動体検知によって、施設の出入り人数や滞在人数をカウントでき、訪問者はモニター表示や事前に通知を受け取るなどの方法で、人の密集を避けることが可能になります。


無人倉庫を監視する

近年、物流業界でもデジタル化や自動化が進み、自動倉庫の導入も増えてきています。人の手を使わないことで人件費の削減につながる自動倉庫ですが、人が常時監視しないことにより、荷物や資材の盗難、従業員の問題行動、内部不正などのリスクがあります。

このリスクへの対応として、ネットワークカメラとAIによる動体検知により、リスクヘッジされた無人倉庫の常時監視を実現できます。


情報漏洩を防止する

社内の機密情報が保管されている資料室、サーバールームなどは無人であることが多く、情報漏えいの危険性が否定できません。

資料室やサーバールームにAIによる動体検知が可能なネットワークカメラを設置することによって、抑止力にもなりセキュリティレベルを高めることにつながります。


商業施設、介護・保育施設のモニタリング

商業施設内ではマスクを着用していない人を検知し、従業員に通知をすることで、お客様へマスクの着用を促す声かけを行うことができます。

介護施設や保育施設において利用者に不測の事態が起こらないようにモニタリングすることも可能になります。


まとめ

AIによる動体検知は、これまで人の目による監視や確認が必要とされていた業務の効率化を可能にします。実際の利用例として、防犯対策に加え、業務効率化、ニューノーマルへの対応としても使われています。

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が提供する『IVAR』は、映像解析ソフトウェアでAIによる動体検知も可能です。人の顔やマスク着用、人の進行方向・滞留状況をAIが検知します。

IVARをインストールしたパソコンを、既存のネットワークカメラに接続するだけで、AIによる動体検知や映像解析を実現します。リアルタイムで様々な情報を把握することができるため、人の目による常時監視が不要になります。AIによる動体検知・映像解析の導入をご検討の際は、ぜひCTCまでご相談ください。

ITでお困りなことがありましたら お気軽にご相談ください