ブログ・記事

catch-img

エリアマーケティングとは? 5つの目的や分析のポイントを紹介

エリアマーケティングは、地域の市場特性を分析し、それぞれに特化したアプローチを取るためのマーケティング手法です。

地域に密着したビジネス展開に欠かせないため、一度は実践したことがあるという企業も多いのではないでしょうか。

本記事では、エリアマーケティングを行う具体的な目的や、分析のポイントを解説します。


目次[非表示]

  1. 1.エリアマーケティングとは?
  2. 2.エリアマーケティングを行う目的
    1. 2.1.■売り上げ・需要を予測する
    2. 2.2.■自社の現状を把握する
    3. 2.3.■理想の商圏を見極める
    4. 2.4.■効果的な広告戦略を行う
    5. 2.5.■顧客分析ができる
  3. 3.エリアマーケティングは様々な切り口で分析しよう
    1. 3.1.■市場の特性を知る
    2. 3.2.■需要の特性を知る
    3. 3.3.■競合の特性を知る
    4. 3.4.■チャネルの特性を知る
  4. 4.まとめ

エリアマーケティングとは?

エリアマーケティングは、地域に対応した“売れる仕組みづくり”に欠かせません。地域の需要特性や競争環境を分析して、施策を検討することから、“地域密着型マーケティング”とも呼ばれています。

たとえば、店舗は一度出店すると簡単にはその立地を動かせません。
そのため、事前に地域の商圏分析を行い、顧客特性を理解したうえで事業の進め方を検討していく必要があります。

また、その地域(商圏)内で売り上げを確保するためには、地域の住民に支持されることも求められるでしょう。このようなときに、エリアマーケティングを行います。

どの地域にビジネスを仕掛けるかの見極めや、既存店舗の業績改善のためにも、競争優位性の獲得は不可欠。エリアマーケティングは業種・業界を問わずあらゆる場所で活用されています。

エリアマーケティングを行う目的

エリアマーケティングは以下のような目的で行われます。

■売り上げ・需要を予測する

見込み顧客の行動を分析すると、店舗の売り上げ予測を数値化できます。あらかじめ予測が立てば、生産・仕入れの管理などにも役立つでしょう。予測に基づいた適切な生産・仕入れは、長期的なコスト削減も可能にします。また、見込みがない地域を候補地から外すこともも可能です。

■自社の現状を把握する

エリアマーケティングでは、自社の顧客となる人口構成を詳細に把握することが大切です。

自社の商品・サービスが商圏とマッチしているかを把握することで、施策の改善や強化が可能になります。

■理想の商圏を見極める

想定するターゲット層と合致する人口構成の商圏に出店することが、利益の最大化につながります。競合他社の有無や顧客情報を地図データにプロットすることで、理想的な商圏かどうかを見極められます。

■効果的な広告戦略を行う

ターゲットとなる人口構成や商圏などが見極められれば、これらに特化した広告戦略の立案に役立ちます。ターゲットがいる地域だけに広告を配信したり資金を投入したりすればコスト削減にも効果的です。

■顧客分析ができる

該当の地域に潜在層がどれだけいるかの把握も重要なチェックポイントです。地域のボリュームゾーンに焦点を当てて商品・サービスを提案すれば、売り上げアップも狙えるでしょう。顧客と自社の関係向上や既存顧客向けの施策を検討するのにも有効です。

エリアマーケティングは様々な切り口で分析しよう

エリアマーケティングは商圏分析がカギだとされています。

商圏分析とは、距離的な意味でどこまでの人が自社の顧客になってくれるのか、商圏を把握すること。この商圏の情報を様々な切り口で分析することが顧客特性の見極めにも役立ちます。

■市場の特性を知る

商圏分析ではまず、市場の特性を把握し、社会・経済など地域市場に影響を及ぼすマクロ環境を分析します。

マクロ環境分析では、以下のようなデータを分析します。

例)市場規模、成長性、人口動態・世帯の構成・条例など


マクロ環境とは、自社を取り巻く外部環境でコントロールできない部分です。自社が合わせられるか、外部環境がどのような影響を及ぼすのかなどを考えます。

■需要の特性を知る

商圏内における住民のライフスタイルや消費面における需要の特性を調査することも大切です。
たとえば、以下のようなデータを収集します。

例)消費者の金銭に対する考え方、ライフスタイル、交通手段


住民がどのように考え、生活しているのか、普段利用する交通手段など、様々な情報を収集しましょう。自社がつかめていなかったニーズの掘り起こしにも役立ちます。

■競合の特性を知る

商圏内の住民に自社を選んでもらうためには、競合調査が不可欠です。
競合調査では、以下のようなデータを収集します。

例)競合他社の数、取扱商品・サービス、市場シェア


競合他社の特徴や脅威度、強み・弱みを把握すれば、自社のブランディングや商品開発などで差別化が図れます。

■チャネルの特性を知る

チャネルとは流入(集客)のための経路のことです。商圏内の住民や企業の流通・商売に対する考え方や価値観を把握しておくことで集客施策に役立ちます。

たとえば、以下のようなデータを収集します。

例)どこで買い物をするのか、どのような店舗が好まれるか


商品・サービスを利用する際、どのような考え方をするのかを知ることで顕在顧客・潜在顧客の利便性を向上できます。

まとめ

エリアマーケティングは、地域に対応した売れる仕組みづくりに欠かせないマーケティング手法として、広く活用されています。

エリアマーケティングは商圏の特性を理解して住民のニーズを見極めるのが主な目的です。ただし、より高度なマーケティングを実現するためには、地域情報と自社の持つ顧客データを紐づけ、地理的な特性を見いだすことが必要といえます。

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の『Spectrum™(スペクトラム)』は顧客データの統合・クレンジングから位置情報と連携した地理的な分析も可能な顧客データ総合ソリューションです。ロケーションインテリジェンス機能により、優良顧客の特定や精度の高い分析を実現します。

情報は地図上に可視化できるため、ビジネスパフォーマンスも向上、顧客満足度の高いアプローチが可能です。

また、CTCでは、設計・インフラ構築をはじめとした導入支援や保守はもちろん、既存システムや外部データベースとの連携サービスも提供しています。

ロケーションインテリジェンスを活用したマーケティングをお考えの方は、ぜひご相談ください。
​​​​​​​


ITでお困りなことがありましたら お気軽にご相談ください