シスコ日立検証済み統合プラットフォーム

Cisco and Hitachi
Adaptive Solutions

Cisco and Hitachi Adaptive Solutionsとは

Ciscoロゴ
hitachiロゴ

シスコシステムズのサーバ「Cisco Unfied Computing System」、ネットワーク機器および日立製作所のストレージ「Hitachi Virtual Storage Platform」を組み合わせた”事前検証済み”の統合プラットフォーム「Cisco and Hitachi Adaptive Solutions」により、インフラの構築にかかる多くの労力と時間を削減し、お客様のビジネスに即応した環境を迅速に提供します。

統合インフラ市場をリードしているシスコシステムズと
世界のストレージ市場を長年リードしている日立製作所が
強力なタッグを組んで提供します。

こんな方にオススメします

・新事業に必要なシステムをスピーディーかつ効率的に構築したい方

システムの立ち上げを行いたいが労力と時間を費やす余裕がない

・SAP HANA®︎への最適な移行を検討している方

SAPシステムの更新に迫られている

・VDI、仮想化統合基盤、ハイブリッドクラウドの導入を検討されている方

システムが乱立しているので集約したい

Cisco and Hitachi Adaptive Solutionsの
特長

共同検証された”事前検証済み”統合プラットフォーム環境を提供

シスコシステムズと日立製作所により共同開発・検証を実施。これにより、システムの構築や事前検証にかかる手間を大幅に削減することが可能となります。

用途やワークロードにあったソリューションを提供

  • Cisco and Hitachi Adaptive Solutionsは、VDIやSAPシステム等、用途やワークロードに合わせたソリューションを提供しています。SAPの認定を取得した製品をベースに構成しており、信頼性の高いSAP HANA向け環境を提供可能です。また柔軟な増設・スケールアウトが可能なため、小規模に導入し、順次拡張していくといった活用法も、リスクを抑えて柔軟に実施できます。
     
  • CTCにて、テンプレート化されたデザインを提供でき、簡単・迅速に導入ができます。

お客様のデータ保護や業務継続性を強化

  • 国内外で実績のある日立のストレージ「Hitachi Virtual Storage Platform」ファミリーを採用しています。高信頼アーキテクチャの採用や国内工場での厳しい検査により、高信頼・高品質なストレージ環境を提供します。
     
  • 耐災害性機能を備えたストレージ環境によりビル・都市をまたいだ大規模な災害からお客様のデータを守ります。

システムの一元管理が可能

  • シスコシステムズと日立製作所のサーバ、ストレージ統合管理・自動化機能によって、簡単・シンプルにシステムの一元管理が可能です。これによりお客様の運用コスト削減が実現できます。
     
  • 日立のストレージは全モデル同一のアーキテクチャを採用しており、データやワークロードの種類に合わせて異なるモデルを使用しても、一括した管理が可能です。 

Cisco and Hitachi Adaptive Solutionsの
導入メリット

スピード構築

  • サーバ、ネットワーク機器、ストレージを個別に調達するより迅速に安全に構築可能

高い信頼性と実績

  • シスコ・日立共同での最適なアーキテクチャ検討と検証により相性による不具合などの心配が不要

安心の保守・サポート体制

  • 全国にサポート拠点がある
  • 製品を熟知した両社のエンジニアが協働して迅速に対応
  • 長期保守製品の提供
  • CTCによるワンストップ保守の提供

強力な提案支援体制

  • お客様の環境に合わせた動作検証が可能
    東京のシスコシステムズ本社内にCisco and Hitachi Adaptive Solutionsの検証環境を用意しており、導入検討時のPoCが可能です

Cisco and Hitachi Adaptive Solutionsの
サンプルスペック

Cisco and Hitachi Adaptive Solutions for Converged Infrastructure 仕様表
Compute Cisco UCS® 5108 ブレードシャーシ
Cisco UCS® B200 (2CPU) M5 ブレード (シャーシあたり最大 8台)
Cisco UCS® B480 (4CPU) M5 ブレード (シャーシあたり最大 4台)

Cisco UCS® C220 (2CPU) M5 ラックマウントサーバ

Cisco UCS® C240 (2CPU) M5 ラックマウントサーバ 
Cisco UCS® C480 (4CPU) M5 ラックマウントサーバ
Network Cisco Fabric Interconnect : Cisco UCS® 6332, 6332-16UP, 6454
Cisco Fabric Extender : Cisco UCS® 6324, 2204XP, 2208XP
Cisco Ethernet networking : Cisco Nexus® 9000 Series
Cisco Fibre Channel SAN : Cisco® MDS 9000 Series
Storage

Hitachi Virtual Storage Platform F350, F370, F700, F900, F1500 および

Hitachi Virtual Storage Platform G150, G350, G370, G700, G900, G1500

Software VMware vSphere®
Cisco UCS® Manager
Cisco® Data Center Network Manager(オプション)
Cisco Intersight™ (オプション)
Hitachi Command Suite (オプション)
JP1/Automatic Operation, Hitachi Automation Director (オプション)
Cisco and Hitachi Adaptive Solutions for SAP HANA® Tailored Data Center Integration 仕様表
Compute Cisco UCS® 5108 ブレードシャーシ
Cisco UCS® B200 (2CPU) M5 ブレード (シャーシあたり最大 8台)
Cisco UCS® B480 (4CPU) M5 ブレード (シャーシあたり最大 4台)
Cisco UCS® C220 (2CPU) M5 ラックマウントサーバ
Cisco UCS® C240 (2CPU) M5 ラックマウントサーバ
Cisco UCS® C480 (4CPU) M5 ラックマウントサーバ
Network Cisco Fabric Interconnect : Cisco UCS® 6332, 6332-16UP, 6454
Cisco Fabric Extender : Cisco UCS® 6324, 2204XP, 2208XP
Cisco Ethernet networking : Cisco Nexus® 9000 Series
Cisco Fibre Channel SAN : Cisco® MDS 9000 Series
Storage

Hitachi Virtual Storage Platform F350, F370, F700, F900, F1500 および

Hitachi Virtual Storage Platform G350, G370, G700, G900, G1500

Software SAP HANA®
SUSE Linux Enterprise Linux for SAP HANA®
Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA®
Cisco UCS® Manager
Cisco® Data Center Network Manager (オプション)

Cisco Intersight™ (オプション)

Hitachi Command Suite (オプション)
JP1/Automatic Operation, Hitachi Automation Director (オプション)

Cisco and Hitachi Adaptive Solutionsの
活用事例

スピード

構築のスピードを1/7に短縮 

新規システムの導入に際し、課題となったのは構築にかかる時間と工数だった。事前検証済みのAdaptive Solutionsにより、構築のスピードを従来の1/7にまで短縮し、コストも2割削減に成功した。

電卓

運用コストを削減

高度で複雑化していたシステムの運用管理に頭を悩ませていたが、Adaptive Solutionsの統合管理・自動化機能により、オペミスなどを防止、運用コストを削減できた。

パソコン

安心で安定したサービスの提供が可能に

性能を維持したまま、可用性・信頼性が必要なシステムを集約することが課題となっていた。Adaptive Solutionsと日立ストレージにより、高性能・高可用・高信頼な仮想化環境・SAP環境を実現。安心で安定したサービスの提供が可能になった。

よくあるご質問

シスコ・日立という異なるベンダの組み合わせで本当に動作に問題がないのか?

詳細な設定値まで徹底して検証しており、安心してお使い頂けます。

既存のシステムから移行できる?

他社製品含むシステムからの移行ソリューションを提供しております。

障害が起きた場合サーバ・ストレージで別々に問合せ必要?

CTCの自営保守により、窓口一つでワンストップサポート致します。

管理が複雑化しないか?

シスコ・日立による統合管理機能・自動化機能により、簡単・コストを抑えた管理が可能です。

JP1との連携はあり?

JP1との連携がございます。JP1と連携することにより、構築・移行・運用時の容易化・自動化が可能です。また、サーバー・ストレージ・ネットワークを一元管理可能です。

サーバとストレージの接続は複雑にならないか?

ネットワークとファイバチャネルのパスを抽象化した機能により、柔軟性の高い設計・変更が可能です。

ITでお困りなことがありましたら お気軽にご相談ください