資料ダウンロード

【インタビュー資料】

「Cisco and Hitachi Adaptive Solutions」が提案するデジタル時代に向けた新しいシステムインフラの最適解

いま情報システムの現場では、取り扱うデータ量が増え続け、システム構築・運用の作業負荷がますます大きくなるという課題を抱えている。しかし、一方で人手不足やスキル不足、業務の属人性といった要因によって課題解決が一向に進まない実情がある。そんな課題を解決するために登場したのが、日立製作所とシスコシステムズとのパートナーシップにより、Hitachi Virtual Storage Platform(以下、日立VSP)とCisco Unified Computing System(以下Cisco UCS)で実現する統合プラットフォーム「Cisco and Hitachi Adaptive Solutions」だ。同ソリューションの導入メリット、優位性について、各社の担当者に話を聞いた。

以下より資料(計4ページ)をダウンロードして、続きをご覧ください。


※フリーアドレスはご遠慮ください

ご提供頂く個人情報は、当サイトに掲載されている製品・サービスに関するお問い合わせ対応及び各種ご案内、営業活動を目的に利用いたします。
これにあたり、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 (略称 CTC、以下弊社) から連絡を取らせていただく場合がございます。ご同意頂いたうえで、ご記載ください。
個人情報取扱いに関する委託、および個人情報の第三者への提供はいたしません。
ご提供頂く個人情報のお取扱いについては、弊社において厳格に管理し、滅失、き損、漏えいや不正アクセスなどのあらゆる危険性に対して予防策を実施します。加え、適切な個人情報のお取り扱いと運用に関する具体的ルールを定め、責任者を設けます。
弊社の個人情報のお取り扱いについては『情報セキュリティ・個人情報について』をご覧ください。

▼ 本サイトの個人情報管理責任者
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 広域・社会インフラ事業グループ
マーケティング企画部 部長 米澤 政洋

▼ 個人情報管理のお問合わせ先
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 広域・社会インフラ事業グループ
マーケティング企画部 CTC InsighT 事務局
rsg19-mkt-cr@ctc-g.co.jp